更新履歴

姫路神社

黒田官兵衛ゆかりの地めぐり」で姫路城を見てきました。

日本が世界に誇る世界遺産の姫路城ですが、ちょっと意外なものがあったりします。
それは姫路神社です。
お城に神社って意外ですよね。
なぜなら、お城はお侍さんが住んでいるところです。
神社は武家社会以前の神道に基づくものだからです。

黒田官兵衛とはゆかりもありませんが、せっかくなので記事します。

wikipedia「姫路神社」には次の様に書かれています。
明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県に伴い、10代120年余りに亘って姫路藩を治めてきた酒井家は、東京へ移住することとなった。旧藩臣・旧領民らは酒井家への思慕の念から明治12年(1879年)1月、酒井家遠祖の新田義貞の裔、酒井正親を祀る神社を神東郡姫路本町50・51・52番地に創建した。これが姫路神社の起こりである。明治17年(1884年)には県社に列せられている。

明治以降の王政復古でできた新しい神社なんですね。
また、姫路神社境内には「岩倉稲荷神社」と「寸翁神社」もあります。

■姫路神社
〒670-0012
姫路市本町83
Tel:079-222-6426
御祭神:酒井正親・姫路藩酒井家歴代藩主

■岩倉稲荷神社
御祭神:倉稲魂大神
倉稲魂大神は農工生産の神です。

■寸翁神社
御祭神:河合道臣(寸翁)
河合道臣は、姫路藩の財政再建・経済発展に尽力した同藩の家老です。
昭和32年に姫路市内商工人の奉賛により社殿が設けられました。鳥居の横には寸翁の胸像があります。

姫路神社 鳥居

姫路神社 鳥居

姫路神社 社殿

姫路神社 社殿

姫路神社の河合寸翁の胸像

姫路神社の河合寸翁の胸像

姫路神社 御由緒

姫路神社 御由緒


  このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://himeji.sutekinet.info/rireki/himeblog128.html/trackback