更新履歴

御着城址と黒田家廟所

NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の放送が終わって1年余りとなりました。

今、思うのは面白かったということです。
配役が良かったということもあるでしょうが、やはり黒田官兵衛の魅力が一番だったと思います。
昨年に放送された山口県萩市が舞台の「花燃ゆ」が散々だっただけに「軍師 官兵衛」良さが光りますね!
結局、私は「花燃ゆ」は一回も見なかったな~
「イケメン俳優」「大奥」など、訳の分からないところで視聴率をアップさせようとしたところで大河ドラマファンにとっては逆効果でしかなかったように思います。

さて、今年の大河ドラマ「真田丸」の人気のほどはいかに?
題材的には面白そうですが、脚本家に期待もてずって言うところでしょうか?
脚本家の三谷幸喜は「刑事コロンボ」から上手く「古畑任三郎」の脚本に繋げて人気作家になりました。
まぁ、それだけでしたね!
「刑事コロンボ」のファンからすると「古畑任三郎」は上手くやったなとしか言えませんね!

話は長くなりましたが、一昨年に「黒田官兵衛ゆかりの地めぐり」をしました。
その時の記事がまだ終わっていません。
今回、「御着城址」と「黒田家廟所」について記事にしたいと思います。

「御着城址」についてです。
御着城は赤松氏の一族小寺氏の居城で、永正16年(1519年)に小寺政隆が築城しました。
そして、天正6年(1578年)か、天正7年(1579年)に羽柴秀吉に攻められ落城したとも伝えられています。
別所氏の三木城、三木氏の英賀城と並び播磨三大城と称されました。

現在、「御着城址」の本丸跡には「市役所東出張所」、「御着城公園」、「御国野公民館」などがあります。
また、「御着城公園」には「黒田官兵衛 顕彰碑」があります。

御着城址
姫路市御国野町御着

写真をクリックすると大きくて綺麗な画像で見ることができます。

御着城址

御着城址です。

「御着城址」の説明板

「御着城址」の説明板です。

「御着城跡」の案内図

「御着城跡」の案内図です。

黒田官兵衛 顕彰碑

御着城公園内の「黒田官兵衛 顕彰碑」です。

黒田官兵衛孝高と御着城

「黒田官兵衛 顕彰碑」の前の碑文です。

市役所東出張所

御着城跡にある市役所東出張所です。

また、「御着城址」の隣には「黒田家廟所」があります。
「黒田家廟所」は江戸時代に福岡藩主であった黒田家が享和2年(1802年)に再建したものです。
官兵衛の祖父の重隆、官兵衛の生母・明石氏を祀っています。

黒田家廟所
姫路市御国野町御着1150-3

黒田家廟所

黒田家廟所です。
「黒田家廟所」は江戸時代に福岡藩主であった黒田家が享和2年(1802年)に再建したものです。
官兵衛の祖父の重隆、官兵衛の生母・明石氏を祀っています。

「黒田家廟所」説明板

「黒田家廟所」説明板です。

■御着城址 地図


  このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク