更新履歴

姫路と黒田官兵衛

来年のNHKの大河ドラマ「軍師 官兵衛」の放送が近づくにつれ、黒田官兵衛ゆかりの地である姫路もだいぶ盛り上がってきたようです。

私は歴史小説の司馬遼太郎のファンで、彼の戦国時代をあつかった小説で良く黒田官兵衛が出ていた記憶があります。
あやふやながら、黒田官兵衛は豊臣秀吉の戦術の知恵袋であり、竹中半兵衛とともに豊臣秀吉の天下統一を支えた一人と覚えています。
また、黒田官兵衛は豊臣秀吉を支えてだけでなく、関が原の戦いでは徳川方につき、江戸時代になった後も子孫は福岡のお殿様として繁栄したとも覚えています。
また、「酒は飲め~飲め~」の黒田節は黒田氏と関係しているとも記憶しています。

そんなわけで、今から来年のNHK大河ドラマは楽しみです。
大河ドラマは戦国時代や明治維新を扱うと注目度もよりアップすると思われます。
そして、その大河ドラマの主人公が姫路生まれとなるとより注目せずにはいられませんね!


  このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク